食生活で若返る!見直したい3つのポイント

食生活で若返る!見直したい3つのポイント

現代は平均寿命が大幅に伸び90代まで生きる方も決して珍しくなくなってきました。

 

長生きはとても大切なことですが、長く生きるということはそれだけ身体が老化と戦っていかなければなりません。

 

 

そこで、重要となってくるのが早い年齢からのアンチエイジングです。

 

 

一言にアンチエイジングと言ってもその種類は多種多様ですが、
今回は生きる上で最も大切な要素の1つである食生活に注目していきたいと思います。

 

 

以下では若返るために見直したい食生活の3つのポイントについてご紹介していきます。

 

低脂質のタンパク質を摂る

 

 

3大栄養素でもあるタンパク質はアンチエイジングに最も欠かせない成分の1つです。

 

 

タンパク質というとスポーツマンなどが筋肉を付けるために多量に摂取するというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、美容や健康維持にも大きく関係しています。例えば、健康な肌の維持や髪の毛、爪の成長などはすべてタンパク質が十分に足りていることで行われます。

 

 

しかし、単にタンパク質がたくさん含まれている食品を摂ればいいというわけではありません。

 

なぜならタンパク質の多い肉類や魚類は脂質も多く含まれるため、
摂りすぎるとかえって肌荒れ等の原因になってしまうためです。

 

 

そこで、オススメしたいのが植物性のタンパク質です。
中でも大豆には鶏肉などと同等のタンパク質が含まれているとされているため、非常に優れています。

 

 

腸を正常化してデトックス!

 

 

年齢を重ねると便秘など腸の不調を訴える方が多くなります。

 

こうした腸のトラブルは直接の問題だけでなく、さまざまな身体の問題を引き起こしています。

 

具体的には、便秘によりお通じが悪くなると腸内に有害部室が発生し、
それが上手く排出されず体内に吸収されてしまい新陳代謝等に悪影響を与えたりしてしまいます。

 

 

便秘の原因は必ずしも食生活に限ったものではありませんが、
腸は食べ物の通る場所ですから少なからず関係があります。

 

 

腸を正常化するためには、ヨーグルトなど乳酸菌の含まれた食品を摂ったり、
食物繊維の多い野菜を摂ったりするほか、油の多い揚げ物やスナック菓子を避けるといった食生活が望ましいと言えます。

 

 

.いろんな種類のビタミンを摂ろう!

 

 

昔からビタミンを摂ると風邪や視力などに良いといった話を耳にしたことがあるかと思います。

 

 

そんなビタミンですが、アンチエイジングにも大きな効果を発揮します。
ビタミンと言っても非常に多くの種類があるのですが、中でもビタミンB2、ビタミンEがアンチエイジングには強い味方です。

 

 

アボカドや納豆などに多く含まれるビタミンB2は脂質や糖質などの代謝を促進する効果があり、
それにより肌荒れなどを防ぐ効果が期待できます。

 

 

またビタミンEは抗酸化作用が高いと注目されており
、まさにアンチエイジングにピッタリの成分です。

 

 

ビタミンEは主にうなぎやアーモンド、玄米などに多く含まれています。

 

以上の3つの食生活のポイントを取り入れて若返りを実感してみてくださいね。