ニキビのでき始めの症状のブツブツ、跡を残さずに治すには?

ニキビのでき始めの症状のブツブツ、跡を残さずに治すには?

ニキビのでき始めの症状がブツブツで、最初の段階となっています。

 

おでこやあご、フェイスラインなど様々な場所にブツブツが形成されやすく、「気付いたらできていた」というケースも少なくありません。

 

まだ炎症は引き起こされていないので放置すれば自然と治るだろうと考えているかもしれませんが、早めに治さないと以下のように症状が進行していきます。

 

  • 白ニキビ:プチっと小さく膨らんだ状態で毛穴に皮脂や角質が詰まった状態
  • 黒ニキビ:毛穴に詰まった皮脂が空気中の酸素によって黒く酸化した状態
  • 赤ニキビ:アクネ菌の増殖によって患部が赤く炎症を引き起こした状態
  • 黄ニキビ:赤ニキビの進行によって内部に膿を持った状態
  • 紫ニキビ:膿だけではなく血が混ざり激しく腫れ上がった状態

 

上記のように、最初はブツブツとした小さな突起状でも、
だんだんと変化していくので早めに治す必要があります。

 

黄ニキビや紫ニキビの状態は治すのが難しくて時間がかかったとしても、
白ニキビや黒ニキビならば適切なスキンケアで十分に改善を図れるのです。

 

ブツブツ状態の白ニキビは皮脂や角質が溜まっただけなので、
無理に塗り薬を塗布する必要はありません。

 

 

ターンオーバーの乱れを改善するだけでも治せるので、正しい洗顔を毎日行いましょう。

 

 

自分の肌質に合う洗顔フォームを使って肌の清潔さを維持すれば角栓は自然に消えていきますし、
同時に化粧水や美容液で保湿ケアを行っていれば乾燥を防ぐこともできます。

 

 

また、ツルツルの美肌へと生まれ変わるために、以下のように不規則な生活習慣の見直しも行ってください。

 

 

  • 栄養素のバランスに焦点を当てた食事でビタミンやミネラルを摂取する
  • 皮膚の抵抗力を弱める脂っこい食べ物や甘いお菓子の過剰摂取を避ける
  • 活性酸素を抑えて肌の老化を防ぐビタミンCを破壊するタバコをやめる
  • 適度にストレスを発散させて自律神経の乱れを整える

 

白ニキビや黒ニキビなど患部が炎症を起こしていなければ、
潰すと綺麗に治るとインターネットで情報が出回っています。

 

 

確かに、ニキビのブツブツを潰すためのコメドプッシャーは販売されており、
綺麗に中の芯を取り出すことができれば治りは早くなるのです。

 

 

正しい方法で潰せば問題はないものの、
雑菌が入り込んで炎症を起こしたりニキビ跡へと変化したりとリスクが大きいのでおすすめできません。

 

 

セルフケアで綺麗に潰すのは想像以上に難しいので、毎日のスキンケアや生活習慣に焦点を当てた治し方を実践しましょう。