どうしても年齢を感じさせてしまう手と首の原因と予防をチェック

どうしても年齢を感じさせてしまう手と首の原因と予防をチェック

どうしても年齢を感じさせてしまう手と首の原因と予防をチェックしていきたいと思います。

 

 

まず首の年齢を感じさせてしまう原因は、大きく分けて3つあります。

 

1つ目は、紫外線を浴びるとお肌の水分を奪われハリの元となるコラーゲンに傷をつけてしまうのです。

 

2つ目は、首は重い頭を支えていて日常生活な中でよく動かす部分なんです。

 

人それぞれ使い方のクセがありますが伸縮の多い部分なんです。そのため、形状記憶のように「しわのクセ」が出来きやすくなってしまうのです。また、寝る時の枕の高さでその形状記憶しわを同じ姿勢で寝ていると大きくて深いしわへと変化してしまいます。

 

 

3つ目は、どうしようもできない年を重ねるたび水分保持力が低下していきハリがなくなり、徐々にしわになっていきます。

 

首の筋肉も衰えしわの原因にもなります。首のしわ予防としては、高い枕をやめることです。
高いとアゴを引いた状態で寝ることになり、それがクセしわになっていくからです。できれば自分に合ったものを選ぶことです。

 

 

血流や筋肉の圧迫も改善できるので一石二鳥です。

 

 

次に、ローションなどで首のマッサージをする。お風呂での首の洗い方にも問題があり、ゴシゴシ洗いすぎると肌が刺激を受けるので、手のひらで優しくなで洗いをする程度で良いのです。首のたるみは首だけのせいではなくて「顔の皮膚・頭皮・首の皮膚と皮膚がつながっている」ため、それぞれのたるみを予防していく上で「胸鎖乳突筋」を鍛えることで姿勢もよくなり、首も美しくなっていくのです。

 

 

本格的に改善したい方は「ヨガ」で効果が期待できます。手の場合ですが、やはり乾燥、紫外線、洗剤などの洗浄力の強い物、角質が挙げられます。手は顔と同じ予防がピッタリと合います。なるべく洗浄力の強い物にさらさず「ゴム手袋」を使用することです。それが難しい方は、洗浄後必ず「化粧水」→「ハンドクリーム」で予防してください。保水をしてからクリームでバリア機能を高めます。

 

 

角質層まで水分で柔らかくしないと角質の硬く厚いところにクリームだけ塗っても浸透せず意味がありません。

 

最後に紫外線予防は必須です。

 

今は保湿・美白入りのUVケアが出ているのでそういったもので予防してください。
面倒かもしれませんが予防をすることで美しくいられるのは確かです。